治療をしよう

体外受精をするために知っておきたいこと

不妊治療をすることになった場合には、まずタイミング法をします。ある一定期間で結果がでない時は、人工授精をします。最後の治療法として体外受精があります。 人工授精とは、女性の膣の中にカテーテルで精子を人工的に入れて妊娠させる方法です。人口といっても妊娠は自然なものに近いと言えます。 体外受精とは、採卵をして男性から精子を取り出して受精させる方法のことです。 人工授精の成功率は5%から8%です。体外受精になると20%から30%といわてれいます。 体外受精で受精させる方法は、シャーレの中で受精する場合と顕微授精と二種類の方法があります。不妊治療においては、医師のほかに、胚培養士という人がいます。この胚培養士が直接、卵子と精子を取り扱うことになるのです。

治療に対しての姿勢と技術向上のために

対外受精の成功率は20%から30%です。3割の成功率となるので、一回の体外受精で妊娠しない場合があるのです。妊娠しなかったと聞いた時の落胆は大きいものといえます。 成功率が低いとはいえ、一回にかかる費用は自由診療となるため高額となります。 医師にとっても、胚培養士にとっても妊娠を成功させるべく技術を高めるために努力を重ねているのです。 精子の中から最も良い精子だけを選び、卵子を速やかに培養庫に入れます。その中の最も良い卵子に精子を送り込むのです。この時のタイミングが大事といわれています。 その技術は、どの段階においても高いものではなくてはならないのです。 一回の体外受精で国から所得に応じて補助金がでます。回を重ねてもその分の補助金は出ます。 費用だけではなく、体外受精をする時の夫婦の負担は大きいものといえるでしょう。